野生イノシシのCSF(豚熱)ウイルス感染の確認について

令和2年7月 2日

 東京都は国の通知に基づき、野生イノシシにおけるCSF浸潤状況を確認するため、令和元年11月より捕獲した野生イノシシについて、CSF検査を実施しております。

 このたび、青梅市内で捕獲した野生イノシシについて、CSFウイルスの感染が確認されました。 

野生イノシシの概要

 (1)捕獲日  令和2年6月27日(土)

 (2)捕獲場所 青梅市成木

 (3)個体情報 雄、成獣

経 緯

 (1)7月1日(水)     

    16時35分 東京都家畜保健衛生所でCSF(豚熱)遺伝子検査を実施した結果、陽性を確認(感染疑い)

 (2)7月2日(木)      

     9時00分 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門(以下「動衛研」)に検体を持込み

    18時30分 動衛研のCSF(豚熱)遺伝子確定検査で陽性が確定