令和5年第3四半期東京都観光客数等実態調査

東京都では、観光産業振興に向けた施策を推進するための基礎資料として、訪都旅行者数、観光消費額の推計に関する調査結果をまとめました。

調査結果のポイント

訪都旅行者数及び観光消費額(令和5年7月~9月)

※ 詳細は【別紙】令和5年7-9月期観光客数等実態調査.pdfを参照

令和5年7月から9月までに東京を訪れた旅行者は、日本人旅行者は約1億2,396万人(令和元年同期比11.2%減)外国人旅行者が約548万人(同47.2%増) となり、全体としては約1億2,944万人(同9.7%減)となった。

令和5年7月から9月までの観光消費額は、日本人旅行者の消費額が約1兆5,120億円(同13.4%増)外国人旅行者が約7,299億円(同133.7%増)となり、全体としては約2兆2,419億円(同36.3%増)であった。

※平成22年から現行の手法での推計を実施。

「東京都観光客数等実態調査」の手法

観光庁「観光入込客統計に関する共通基準<平成21年12月策定、平成25年3月改定>」に基づき、東京都の観光特性を加味して、四半期毎に調査・推計

  • ① 都内観光関連施設に集客数を照会(観光地点等入込客数調査)
  • ② 観光関連施設40箇所、港・空港3箇所において旅行者に対するアンケートを実施(観光地点パラメータ調査)
  • ③ ①の都内観光関連施設回答結果、②のアンケート結果及び観光庁提供データから、訪都旅行者数(観光入込客数)を推計。調査対象に外国人も含め、都内、都外、外国在住者別の集計を実施

対象施設等の抽出・調査票の回収に当たっては、区市町村のご協力をいただきました。 なお、本調査では、個々の対象施設等における調査結果については公表いたしません。

お問い合わせ

東京都産業労働局観光部企画課(代表)
電話:03-5000-7316