ビッグデータを活用した観光行動分析実証事業

東京都では、ビッグデータから都内旅行者の行動の特徴や多様な消費行動に関する情報の収集・分析を行っています。

この度、次のとおり令和元年度の実証事業の結果を取りまとめましたので、お知らせ致します。

1 実証事業の概要(令和元年度)

 ビッグデータ分析の実施手法を設計の上、人流データやSNS投稿データ、消費データなど、複数のビッグデータを分析し、多様な旅行者の観光動向を把握するとともに、分析結果を元に、観光関連事業者へ分析結果を伝えるレポートを作成する。

委託事業者

株式会社アンド・ディ

期間

令和元年12月16日から令和2年3月31日まで

分析対象地域と対象旅行者

・都内23区5か所(新宿、銀座、浅草、墨田、渋谷)、多摩地域2か所(吉祥寺、高尾)に訪れている外国人旅行者9エリア(韓国、台湾、香港、中国、東南アジア、アメリカ、オーストラリア、カナダ・欧州、インド)

2 報告書関連

令和元年度分析レポート.pdf

(参考)平成30年度の実証事業の結果

分析レポート(概要版).pdf

分析レポート.pdf

問い合わせ先

産業労働局 観光部 受入環境課 事業調整担当
電話:03-5320-4674(直通)

産業労働局の主な分野