NOAAの取組み 東京都中野区鷺宮3-1-8

あきらめていた方々にも、おしゃれ・コンパクトな電動カートで旅の楽しみを

「いかにも福祉用」を変えたい

介護用ベッドや電動車椅子を商材として扱ってきた株式会社NOAA。2020年5月には小型かつ軽量で、デザイン性豊かな新商品NOAA MOBILE-X(ノア モバイルエックス)の販売を始めました。障害のある方、ご高齢の方など、実際の利用者の声を聞き取りながら、デザイン・製造・販売の全てを社内で管理し、開発されました。「いかにも福祉用」という既存のイメージを払拭することで、心理的な障壁が下がり、旅にも出やすくなります。その取り組みについて、開発を担当された株式会社NOAAの西原基成さんにお話を伺いました。

スーツケースに入る携帯性、誰でも使える操作性、おしゃれなデザイン性

既存のシニア向け電動カートは「いかにもお年寄りが乗るもの」というマイナスイメージが強いです。MOBILE-Xを開発する前の話ですが、私も高齢の母のために他社商品を購入したことがありました。しかし母は周囲から「とうとうそんなものを使う年齢なのね」という視線で見られるのが嫌だったそうで、すぐに乗るのをやめてしまいました。「これはいけないぞ」と思い、私自身が新たに商品を作ろうという発想に至り、のちに開発したのがMOBILE-Xでした。
そんな経緯もあり、デザイン性にはこだわりを持ちました。実際に母以外の使用者からも、街中で使用するにも既存商品では周囲の目が気になってしまうという声が多く聞かれました。そこでMOBILE-Xでは洗練されたメタリックなデザインを採用しました。今では実験で試乗していると、「自分も乗ってみたい」と人が集まってくるようになりました。
また、この商品は操作性にも優れています。ハンドル型で電磁式ブレーキが内蔵されているので初心者の方もすぐに乗りこなすことができ、坂道もぐいぐい登っていけます。下りも自動ブレーキが働き、安全に運転できます。
そして最大の特徴は、その携行性です。小型のリチウムイオン電池と航空機にも使われる軽量の素材をかけあわせ、重さ約20kg、折りたたみ式で小型なので、スーツケースにすっぽり入る車体が実現しました。自動車や新幹線、飛行機にも簡単に積載でき、旅行先で使用することができます。海外から来る方は配送の問題もありますし、電動車椅子の手配も難しいですが、MOBILE-Xならばそういった問題もクリアできると思います。





昼間の旅行ニーズを掘り起こし、インバウンドに匹敵する賑わいを

ご高齢の方ですと、運転免許証を返納された方や、返納を検討している方も多いです。そのような方々に向け、自家用車の代わりになる手段として、MOBILE-Xが挙げられるのではないかと考えています。タクシー業界の方にお話を聞くと昼間の乗車率は非常に低いらしいのです。しかし高齢者や、足の不自由な方、目の不自由な方々の存在が見過ごされているのではないかと考えます。またこうした方々は交通手段がないことで「引きこもらざるをえない」のではないでしょうか。そういった方々には本車両をタクシーに積んで、目的地に着いてから組み立てて使用していただく、という利用が提案できると思います。組み立てにかかる時間は約10秒です。
今はタクシー業界や観光地と連携して、旅先でレンタルする仕組みが実現できれば、インバウンドに匹敵する賑わいを作れるのではと考え、PRに力を入れているところです。
また、アクセシブル・ツーリズムに忘れてはならない観点が「防災」です。ご高齢の方、障害のある方は、緊急時に「避難弱者」になりやすいです。東京都の相談支援でアドバイスをいただいたので、持ち運び可能なMOBILE-Xを防災にも活用し、観光と併せて認知を広げていければと画策しています。

心理的な障壁もなくして、旅行を楽しんでほしい

旅をあきらめていた方々にも、おしゃれでコンパクトな電動カートで旅の楽しみを提供したいです。足が不自由になると「旅先で迷惑をかけたくない」という心理的な壁ができ、旅行をためらってしまいます。特に普段から杖をお使いの方は介助者がいなければ旅先で行動をともにすることが困難になってしまいます。MOBILE-Xはその点、自己完結して移動できます。今まで諦めていた長距離を歩き回るような旅先でも、集団に遅れずについていくことができるのです。
ただ、現状はこうした製品のよさを存分にPRしきれておらず、商品自体の知名度もまだまだこれから上げていく必要があります。今は新型コロナウイルスの影響で思うとおりにできていませんが、今後は旅行が活発になる「コロナ後」を見据えて各方面への広報に注力していきたいです。アクセシブル・ツーリズム推進シンポジウムへの出展では、他の出展企業の方々との横のつながりもできました。展示会への出展、レンタル事業の具体化と並行し、つながりを引き続き活かして、アクセシブル・ツーリズムの推進に少しでも貢献できればと思います。

sns ソーシャルメディアアカウント

Facebookもチェック

誰にでも優しく、
どこへでも行ける 東京。

観光は誰にとっても自由で、どこへだって行けるはず。
「行きたいところを旅する」ということは
人生を豊かにしてくれます。

東京は、あなたが訪れてくれることを歓迎します。
伝統・歴史・文化・自然・テクノロジー、
そしてなにより笑顔に出会えることでしょう。

アクセシブル・ツーリズムを
もっと身近に、もっと楽しく。

tokyo is fit for all.