東京の木 多摩産材の利用拡大

東京の木 多摩産材の利用拡大

森林は、木材の供給をはじめ、水源のかん養や災害の防止、二酸化炭素の吸収、レクリエーションの場の提供などの多面的機能により、豊かな都民生活に貢献しています。
また、地域の自然条件や社会環境との関わりの中で、その地域特有の森林景観や文化を育んできています。
自然にふれあえる場が少ない都市部において、多摩地域の森林は環境教育のための大切な資源であるほか、SDGsの取組やボランティア活動の場として多数利用されており、都民や企業など多様な主体との協働による森づくりが行われています。そして、森林の持つ多面的な機能を発揮させるには、「伐採、利用、植栽、保育」という循環を維持していくことが不可欠です。

東京都は地域の木材である多摩産材の利用を進めています。

また、木材の循環(伐採、利用、植栽、保育)を促進し、森林の持つ多面的な機能の維持、増進を図っていくために、多摩産材の利用拡大に向け、取り組んでいます。

にぎわい施設で目立つ多摩産材推進事業

東京都内に所在し、終日多くの人が集まり、誰でも利用できる民間事業者が運営する施設(にぎわい施設)での、内装・外装の木質化工事や什器等の設置を支援します。

  詳細はこちら

木の香る多摩産材住宅普及事業

住宅での多摩産材の利用拡大を図るとともに、多摩産材をより多くの都民に知っていただき、その魅力や良さを感じてもらうことを目的に、住宅展示場に多摩産材を活用したモデルハウスを設置しています。

多摩産材利用啓発推進事業

多摩産材を使った家づくりを通して、森林の整備や木材利用の意義・大切さを普及PRする団体の活動を支援します。

令和3年度活動団体 秋川木材協同組合

  •          一般社団法人多摩産材活用あきがわ木工連

公共施設への多摩産材利用推進プロジェクト事業

区市町村が整備する施設において、多摩産材を利用した木造化や内装木質化、木製什器、木製外構施設等の整備を支援いたします。

 詳細はこちら

多摩産材情報センター

多摩産材の利用拡大を図るため、多摩産材の調達方法や製品情報など様々な情報を提供する窓口です。

 住所 東京都青梅市河辺町6-4-1 東京都青梅合同庁舎1階

 電話 0428-20-1181

受付時間 9時~17時(土日祝日及び年末年始を除く。)

リンク

お問い合わせ

東京都産業労働局農林水産部森林課
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎21階中央
電話:03-5320-4855