観光事業者の災害時対応力強化事業

観光事業者のための災害時対応力向上セミナー

 東京では、首都直下地震、河川の氾濫等の自然災害や、感染症の発生など様々なリスクが想定されます。

 特に今年は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を経験し、それが解除された後にはWithコロナを念頭に置いた「新しい生活様式」が提唱され、観光においても、新しい旅行スタイルのもとで様々な取組が求められています。

 そこで東京都では、旅行者のより一層の安心・安全の確保を進めていくため、観光関連事業者を対象に、発災時における対応力向上を目的としたオンラインセミナーを開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

 

開催概要

【開催日時】 令和2年9月9日(水) 14時~16時

【開催方法】 オンライン(V-CUBE)

【定  員】 50団体・事業者(参加費:無料)※ 先着順

【対  象】 宿泊・飲食・小売などの都内観光関連事業者、観光関連団体など

【申込方法】 下記のURLよりお申込みください。

       https://research.surece.co.jp/0909seminar

                      (申込フォーム)

【申込〆切】 令和2年8月31日(月)

プログラム

〇 観光危機管理の重要性と新型コロナウイルス感染症対策の現状

  高松 正人 氏 / 観光レジリエンス研究所 代表

 

〇 新型コロナウイルス感染症対策に対する観光庁の取組み

 ~観光地や宿泊施設における具体的な対策~

  片山 敏宏 氏 / 観光庁 参事官(外客受入担当)

 

〇 災害時に役立つ情報と災害時初動対応マニュアルの活用方法

  東京都 産業労働局 観光部 受入環境課

※プログラム等の詳細は、災害時対応力向上セミナーチラシ.pdfをご覧ください。

外国人旅行者の安全確保のための災害時初動対応マニュアル

 東京都は、緊急・災害時に観光関連事業者が外国人旅行者に対して適切な対応ができるよう、「外国人旅行者の安全確保のための災害時初動対応マニュアル(以下、「災害時初動対応マニュアル」)」を平成24年度に作成し、平成30年3月には、掲載内容を充実した 「災害時初動対応マニュアル_改訂版」を作成・公開しました。

 

              災害時初動対応マニュアル表紙

  

1.改訂のポイント

 これまでの「地震」中心の内容に加え、「津波」「風水害(集中豪雨・竜巻・台風)」「火山噴火」「感染症」への対応等を追記し、事業者の方がすぐ使えるデータベース(ホームページやアプリの一覧)や参考資料(ピクトグラムや対応文例集等)も充実させました。

  

2.「災害時初動対応マニュアル」概要

平常時から「やっておくべきこと」チェックリスト

 外国人旅行者の安全確保のための災害対応策の準備ができているかを事業者が事前に確認するためのチェックリスト

第1部 初動対応のための基礎知識

 各災害の概要や外国人旅行者の行動の特徴を説明

第2部 災害の事前準備及び初動対応

 初動対応のためにあらかじめ準備しておくこと、災害発生が予想される状況の時に準備しておくこと、災害が発生したら実施することを時系列で説明

第3部 初動対応のための関連データベース

 事前準備や災害発生時に役立つホームページやアプリなどを紹介

参考資料

 ピクトグラム(図記号)、災害発生時対応文例集、ピクトグラムと対応文例集の併用(作成例)、防災情報リストを掲載
 

3.「災害時初動対応マニュアル」本文

※ 冊子版をご入用でしたら下記「お問い合わせ」までご連絡ください。

 

お問い合わせ

 産業労働局観光部受入環境課
 電話:03-5320-4800

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader

産業労働局の主な分野