観光事業者の災害時対応力強化事業

(令和6年度第1回)観光事業者のための災害時対応力向上セミナー

 東京においては、発生が懸念されている首都直下地震をはじめ、風水害や火山噴火などのいつ起きてもおかしくない災害への備えを徹底していくことが重要です。

 旅行者が訪れる観光施設では、災害が発生した場合、日本人だけではなく外国人に対しても安全確保のための避難誘導や多言語での情報提供等が必要となります。

 このため、観光事業者の皆様を対象に、災害時における旅行者への適切な対応に役立つ知識やノウハウ等をご案内するセミナーを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。(詳細はチラシをご確認ください。)

1.開催日時

令和6年6月25日(火)14:00~16:00

2.開催方法

オンライン

3.定員

50名(参加費:無料)

4.対象

都内の宿泊・飲食・小売等の観光事業者、その他観光関連団体など

5.プログラム

インバウンドの最新動向と観光事業者の災害時対応(基調講演)

山 慶輔 氏/株式会社やまとごころ 代表取締役

外国人旅行者の最新トレンドや直近の災害事例を紹介しながら、災害発生時における観光施設の役割や備えるべき対応策の考え方を解説します。 

観光産業における災害時の情報集約プラットフォームについて

野浪 健一 氏/一般社団法人 日本旅行業協会 国内旅行推進部長

宿泊事業者と旅行会社の間の効率的な情報共有を図るシステムを紹介します。平時は施設情報、災害時は被災状況や営業状況等をシステムに登録することで、旅行会社への情報共有が一元化され観光事業者の負担軽減につながります。

訪日外国人向け災害情報提供アプリ「Safety tips」の取組について

大本 凜 氏/アールシーソリューション株式会社 事業推進室 Safety tips担当

施設管理者や外国人旅行者が多言語で災害情報を収集することが容易にできる観光庁監修のアプリの内容や、アプリの利用状況について紹介します。

※上記のほか、東京都作成の「災害時初動対応マニュアル」を紹介します。(マニュアルについてはページ下部参照)

6.申込方法

以下のURLよりお申し込みください。  

https://research.surece.co.jp/0625seminar

7.申込締切

令和6年6月24日(月) 

8.問い合わせ先

①セミナーの内容に関すること

 観光事業者のための災害時対応力向上セミナー運営事務局 (株式会社サーベイリサーチセンター内)

 電話番号:03-3802-6766

②事業全般に関すること

 産業労働局観光部受入環境課

 電話番号(代表):03-5000-7329

外国人旅行者の安全確保のための災害時初動対応マニュアル

 東京都では、緊急・災害時に観光関連事業者が外国人旅行者に対して適切な対応ができるよう、「外国人旅行者の安全確保のための災害時初動対応マニュアル(以下、「災害時初動対応マニュアル」という。)」を作成しており、令和5年11月に改訂いたしました。

 

              災害時初動対応マニュアル表紙

  

1.改訂のポイント

・感染症対策に関する内容を更新 

・「初動対応のための関連データベース」の内容を最新の記載に更新 など

  

2.「災害時初動対応マニュアル」概要

平常時から「やっておくべきこと」チェックリスト

 外国人旅行者の安全確保のための災害対応策の準備ができているかを事業者が事前に確認するためのチェックリスト

第1部 初動対応のための基礎知識

 各災害の概要や災害時における外国人旅行者の行動の特徴を説明

第2部 災害の事前準備及び初動対応

 初動対応や災害発生が予想される時に準備しておくこと、災害が発生したら実施することを時系列で説明するとともに、感染症対策を記載

第3部 初動対応のための関連データベース

 事前準備及び災害発生時に役立つホームページやアプリなどを紹介

参考資料

 ピクトグラム(図記号)、災害発生時対応文例集、テンプレート(作成例)、防災情報リストを掲載
 

3.「災害時初動対応マニュアル」本文

お問い合わせ

 産業労働局観光部受入環境課
 電話番号(代表):03-5000-7329

PDFファイルをご覧いただくためには「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
Adobe Systemsのサイトから無料でダウンロードできますのでご利用ください。

Get Adobe Reader